2018年金澤桜百景総集編(桜橋)

名前の通り「桜橋」の欄干は、ピンク色で、桜橋からはW坂や桜坂を登ると犀川沿いの桜が一望でき、絶好の撮影ポイントです。ほんとうはゆっくり「花見弁当」で眺めたいです(笑) 

P4040034

P4040005

P4040036

IMGP1193

P4040009

P4040012

P4040023

【撮影場所 金沢市桜橋:2018年04月04日 PENTAX K-3】

【ウィキペディア引用】犀川中流部に位置し、兼六園から徒歩15分ほど。左岸には寺町台地が迫っており、桜橋からはW坂と桜坂が接続する。それらを登り切ると寺町界隈に入る。歌手・松原健之の曲「桜橋から」の桜橋とは、この橋のことで、デビュー曲の「金沢望郷歌」でもこの橋が出てくる

この記事は、「金沢おもしろ発掘」にUPした記事を再UPしてます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

2018年金澤桜百景総集編(金沢城)

金沢城は、かつて金沢大学付属植物園で栽培されたソメイヨシノなどの桜をいろいろ楽しめます。天気がいい日やライトアップの時、堀に写りこむ桜が綺麗です(笑)

IMGP0933

IMGP0931

IMGP0990

IMGP0920

IMGP0860

IMGP0983

IMGP0964

IMGP0843

【撮影場所 金沢城:2018年04月03日 PENTAX K-3】

【ウィキペディア引用】金沢城(かなざわじょう)は、石川県金沢市丸の内にあった日本の城である。江戸時代には加賀藩主前田氏の居城だった。城址は国の史跡に指定されている。金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である(かつて「尾山」と呼ばれたのもこの地形に因む)。櫓や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、櫓1重目や塀に付けられた唐破風や入母屋破風の出窓は、金沢城の建築の特徴である。

この記事は、「金沢おもしろ発掘」にUPした記事を再UPしてます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

2018年金澤桜百景総集編(主計町茶屋街)

浅主計町は、ひがし茶屋街・西茶屋街と並ぶ金沢3茶屋街の1つです。主計町茶屋街は浅野川に面しており、桜の季節は絶好の撮影スポットです(笑)

IMGP0625

IMGP0628

IMGP0631

IMGP0705

IMGP0693

IMGP0722

IMGP0675

IMGP0683

IMGP0728

【撮影場所 金沢市主計町茶屋街:2018年04月03日 PENTAX K-3】

【ウィキペディア引用】主計町(かずえまち)とは、石川県金沢市の浅野川沿いにある町名。1999年10月1日、旧町名として復活した地域で、旧町名復活運動のさきがけとなった。五木寛之は1978年に主計町を舞台に新聞記者と少女との恋愛を描いた小説『浅の川暮色』(あさのがわぼしょく)を出した。2010年には「金沢ものがたり 主計町あかり坂」(『オール讀物』2010年4月号)を書いた。主計町の芸妓になった高木凜(りん也)と、泉鏡花の研究家で老詩人の高橋冬二郎のやり取りの中で、高橋に名無しの坂に触れて「暗、と、明。泉鏡花にはあけの明星をよんだ句があります。そこで、あかり坂。よし、これできまった」と語らせている。

この記事は、「金沢おもしろ発掘」にUPした記事を再UPしてます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村