能登鹿島駅

またしても能登の桜です。愛称は「能登さくら駅」のと鉄道汽車と桜、さらに海も見え、満開の時期はたくさんの人出です(笑)

【撮影場所 能登鹿島駅:2017年04月15日 PENTAX K-3】

「能登見聞録」にUPした記事を編集してます

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

ウィキペディア引用】能登鹿島駅(のとかしまえき)は石川県鳳珠郡穴水町曽福にある、のと鉄道七尾線の駅である。愛称は「能登さくら駅」で駅名標にも併記してある。ホーム沿いにはソメイヨシノが植えられていて、春の桜のシーズンの際はホームが桜の花に包まれるため。1999年(平成11年)の第一回中部の駅百選に選ばれた。

恋路駅

実家の隣の恋路は駅名の縁起のよさから恋路駅行き記念切符が人気でした。現在は能登線の廃止により廃駅となっています。当日はときおり雨が降っており傘をさしながら撮影です。

【撮影場所 恋路駅:2017年04月15日 PENTAX K-3】

「金沢おもしろ発掘」にUPした記事を編集してます

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

ウィキペディア引用】急行停車駅(ただし「のと恋路号」のみ)。2005年(平成17年)、能登線の廃止により廃駅となった。全国的にも珍しい「恋」のつく駅であるため、廃止された今でも多くの訪問者がある。現在は、隣接する宗玄隧道を酒蔵として活用している宗玄酒造が、当駅付近の線路敷を保有し駅跡の整備を行っている。2013年4月1日からは、当駅跡と宗玄酒造社屋との間にレールを再敷設し、「のトロ」と呼ばれるトロッコ(軌道自転車)を走らせている。

花筏

卯辰山へ4月に行った時の写真です。ソメイヨシノは満開を過ぎており、水面に散った花びらが吹き寄せられて流れていく様子を花筏(はないかだ)と言うらしいのですが、撮るのが難しいです。ヤマザクラは満開でした。(笑)

【撮影場所 奥卯辰山:2017年04月16日 E-PL6】

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村